社会不適合者は開き直ると生きやすい。生活保護で収入を得る生き方もあり

social misfit become defiant way of life副業
スポンサーリンク

副業ブロガー
トシアキです!(^^)!

  • ウイルスの蔓延
  • 物価高騰
  • 増税

最近は、ネット記事を見ると、暗い話が目につきますね。

そのせいか、実生活でも暗い顔をしている人が増え、他人を理由なく責める場面も増えている実感があり、僕らのような社会不適合者は鬱憤晴らしの的になることも…。

このような扱いを受けていると、

「自分はだめな人間なんだ…」
「人より劣っている自分が恥ずかしい…」

などと思い、自己嫌悪に陥りがち。(僕も社内で社不扱いされてます(^^;))

この記事では、

社会不適合者とは?特徴
社会不適合者は開き直ると生きやすくなる理由
生活保護で収入を得るのもアリ(条件は緩い)
社会不適合者であることを迷惑・恥ずかしいとは思わないで
社会不適合者に向いてる仕事
について、解説していきます。
普通のことが出来なく、職場でも浮いている僕が、それでも自信を持って生きていけるようになった考えや方法を文字にしたので、ぜひ最後まで読んでください。
こちらの記事でも自分用としても、社不の方の背中を押していますので、良ければどうぞ。
社会不適合者だからいらないとは思わないで。自分なりの生き方を模索する
スポンサーリンク

社会不適合者とは

social misfits what is it?

weblio辞書によりますと、社会不適合者とは、

社会の要求に応えて生活することが困難な者。社会に適合できない人。上手くやっていけない人。

と定義されています。

みんなが出来ているのに、自分だけ出来ないことで社会生活に支障が生じている人のことを指しています。

僕もみんなが普通に出来ていることが出来ていなくて、職場で苦労しています。(苦笑)

社会不適合者と言っても、いろいろなタイプがあります。
社会不適合者は生まれつき?特徴や原因、治し方を社不視点で解説します

スポンサーリンク

社会不適合者の特徴(僕のエピソードも)

social misfits features

社会不適合者の特徴として、

  • 朝起きられなくて、よく遅刻する
  • 不愛想で挨拶が出来ない
  • 雑談が苦手で社内の人との会話を避けてしまう
  • 上司や同僚の指示を無視して勝手に業務を進める
  • 周りを助けようとしないなど、協調性がない
  • 少しでも嫌なことがあれば、すぐ仕事を辞めてしまう

などが挙げられます。

ちなみに僕も社会不適合者のひとりで、

新卒でスーパーマーケットに勤務して、7年目になりますが、

  • 人がこわくて、自分から話しかける時以外は目が合わせられない
  • 周りが敵に見えて、関わりのある人としか挨拶しない
  • 雑談が苦手
  • たまに遅刻する
  • ひ弱な性格なので、モジモジしていて舐められやすい

こんな感じなので仕事から帰ってきますと、どっと疲れが押し寄せてきます。(^^;)

スポンサーリンク

社会不適合者は開き直ると人生好転する理由

social-misfit-become-defiant-way-of-life

僕も含め、社会不適合者は、社不で恥ずかしい、周りに迷惑がかかる、と落ち込むのではなく、開き直ると人生が好転します。

開き直ることは、

「自分は社会不適合者でいいんだ」

と、自分を受け入れることですが、ただ今の自分を受け入れるだけですと、何も状況は変わりません。

大事なのは、

今の自分を受け入れた上で、どのような行動をとっていくか

で、その後の自分の人生が生きやすくなります。

開き直ると自分のスキルを高めることに集中できる

僕の開き直りエピソードを例にしますと、

僕は社内で、

  • 雑談が出来ない
  • 挨拶が特定の人としかしようとしない
  • モジモジしていて、周りに舐められる
  • 協調して働くのが苦手

こんな感じの社不ですが、一時は改善を試みましたが、全然直りませんでした。

ある時、直そうとして直るものではないと悟り、

「それなら、周りと協調しなくても、ひとりで稼ぐスキルを身に付けよう」

と開き直り、ブログをはじめ、いろいろな副業に挑戦しました。

副業をやっていく中で、自分ひとりの力で稼げることが自信につながり、職場で浮いていたとしても、自分にはブログで収入を得られる力がある、という自信が付き、周りの目があまり気にならなくなりました。

僕の体験談のように、良い意味で開き直ると、自分のスキルを高めることに集中できるのでスキル全振りで、出来ないことは放置で問題ないです。

要するに、他の場所で活躍できるようになることが大切、と言うことです。

開き直ると自分の生き方について考えるようになる

開き直ると、出来ないことを考えている時間がなくなるので、自分の生き方について考えられるようになります。

僕は、職場での嫌なことを考えてみて、どのような生き方がいいのか考えてみたところ、

「なるべく人と関わらずにお金を稼ぎ、最低限の人間関係のみでゆったり暮らしたい」

という人生観に辿り着きました。

このように、開き直ることで、自分の嫌なことややりたいこと、生き方を考える時間が増え、自分の理想とする暮らしのビジョンが明確になります。

社会不適合者のメリットを知っておくのも開き直るのにおすすめです。
【どうやって生きる】社会不適合者はメリットも!社不で良かった経験を紹介

【生き方】社会不適合者なら生活保護で収入を得るのもあり

social misfits welfare conditions income

今の状況がとてもしんどく、最悪の末路を迎えるくらいなら、生活保護で収入を得ることを強くおすすめします。

親や周りから、生活保護なんて恥ずかしい、なんて無情なことばを言われても最悪の末路よりは遥かにいいはずです。

それに、生活保護で収入が確保されることで、心身を休めつつ、経済的な不安から解放され、今後の自分の生き方についてゆっくり考えることが出来ます。

生活保護を受給している間に何かスキルの勉強をしてもいいですし、自分は何をするのが好きで、何が嫌いなのかを自問自答することで、どんな生き方をしたいのか考える、貴重な時間です。

生活保護を受けられる条件

生活保護を受けられる条件は、

厚生労働省が定められた最低生活費より、あなたの生活費より収入が低い場合に受けられます。

最低生活費は、

住んでいる地域
世帯の人数・構成
世帯ぞれぞれの年齢
各世帯のそれぞれの事情(障害持ち、病気持ちなど)

などにより決められます。

生活保護の条件は厳しくなく、

年齢制限はなく、仕事が見つからないことが証明できれば需給出来るので、発達障害持ちなどで、仕事が見つからない場合は生活保護に申請してみることをおすすめします。

申請の方法は、

  1. 住んでいる市役所に、生活保護を申請します、と伝える(電話で伝える方が、必要書類などが分かるので電話で問い合わせてみるのがいいでしょう)
  2. その後、家庭訪問や資産調査、扶養照会、必要書類があれば提出
  3. 調査が終わってから、基本的に14日以内に生活保護の条件に合っていれば、受給開始

このような流れで受給の可否が審査されます。

(芸能人もいる)社会不適合者であることが迷惑・恥ずかしいとは思わないで。

social misfits bothersome embarrassing

ここまで読んでも、

「社会不適合者の自分は迷惑をかけっぱなしで恥ずかしい…」
「社会不適合者の自分はだめな人間なんだ…」

と、良い意味で開き直りきれてないかもしれません。

少し朗報と言いますか、世間一般的に成功している方の中でも、社会不適合者だけど、自分の生き方を貫いている人もいます。

俳優でファッションモデルでもある、「東出昌大」さんは、Yahooニュースのインタビューで、自身を社会不適合者と言っています。

現在、山に住んでいて、その中で自分の人生観などを見直すきっかけになったそうです。

芸能人のように成功している人でも、何か悩みを抱えているものです。

あの人でも、社会の違和感について悩んでいる、と思えば、少しは気持ちが楽になるのでは、と思います。

【軽度の社不向け】向いてる仕事。重度の人は…

social misfits suitable job

正直、社会不適合者の人、万人に向いてる仕事はありません。

社会不適合者と言っても、

  • 朝起きれなくて遅刻する
  • 協調性がなく、チームで仕事が出来ない

など、いろいろなタイプの社会不適合者がいるからです。

なので、自分が出来ないことが不利にならない仕事が向いてる仕事と言えます。

例えば、

朝起きれない人は、出勤時間が自由の会社orフリーランス独立
協調性がない人は、個人主義の会社orフリーランス独立
という感じで、自分に向いている仕事を探しましょう。
やはり社会不適合者の人は、個人で稼げる、フリーランスがおすすめです。(自己管理が出来ない人には、不向きですが)
具体的なフリーランス独立についての方法が知りたい方は、
【生き方】社会不適合者はブログでお金を稼ぐと生きやすい理由(僕も社不です)
を参考にしてください。

まとめ~社会不適合者は自分なりの開き直ると生きやすくなる~

今回は、

「社会不適合者は開き直ると生きやすくなる」

というテーマで解説してきました。

僕は、今年で31歳になりますが、出来ないことは諦めて出来ることに注力する方が楽と言うことに気が付きました。

なので、20代の時期は社会の中で揉まれることも、自分は何が嫌で何が出来るのかに気が付き、人生経験になりますが、30代以降は出来ないことは諦めて、自分の伸ばしたいことに注力することが自分らしく生きられることにつながります。

とは言え、自分の人生を変えようとする時は、疲れたりすると思います。

僕なりのストレス解消法などについて知りたい方は、
社会不適合者の僕が疲れた時の対処法を紹介。働かないで生活する方法は…

僕の社不エピソードについては、
【社不エピソードあり】社会不適合者に向いてる仕事は?どういう生き方がいいのか

周りに迷惑と言われてしんどい方は、
【迷惑とは思わないで】社会不適合者は辛いなら自分を見つめ直す(詰みではない)

この記事でも書いているので、良ければどうぞ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました