アンケートモニターは掛け持ちで収入UP!作業時間別の掛け持ち数も解説

アンケートモニター
スポンサーリンク

副業ブロガー
トシアキです!(^^)!

アンケートモニターは掛け持ち可能で、掛け持ちするほど、稼げます。

ですが、いくつ掛け持ちすればいいか分からない方もいると思います。

他のサイトでは、初心者ならこれくらい、経験者ならこれくらい、と解説しているサイトを見かけますが、誰でもできる副業なので、初心者も経験者もありません。

結論、作業時間でいくつ掛け持ちするかが決まります。

この記事では、

・アンケートモニターを掛け持ちするメリット、デメリット
・作業時間別のアンケートモニターの掛け持ち数
・【2022年版】掛け持ちにおすすめアンケートモニター
・アンケートモニターで得た収入は確定申告必要?
について解説していきます。

この記事を書いた人

4年前、最初の副業でアンケートモニターを始めて以来、スキマ時間を活用し、5サイトに登録して継続して稼ぎ続けている。
現在はブログにも挑戦中。

なお、アンケートモニターの記事に関しては、
アンケートモニターとは?安全で稼げる副業?始め方から解説します!

を参考にしてください。

スポンサーリンク

アンケートモニターは掛け持ちで収入UP!

アンケートモニターは回答数が無限にあるわけではなく、webアンケートが多いサイトでも、1日20~30問程度です。

なので、より稼ぎたければ、複数のサイトの掛け持ちが必須です。

アンケートモニターの掛け持ちはしていいの?

という疑問が浮かびますが、どのアンケート会社の規約にも掛け持ち禁止の文言は書いてなく、私自身も5サイト掛け持ちしてるので、問題ありません。

私が一番使っているアンケートモニターについては、
マクロミルは稼げない?否!新アプリで稼ぎやすくなりました!!

を参考にしてください。

スポンサーリンク

アンケートモニターを掛け持ちにするメリット

アンケートモニターを掛け持ちするメリットは3つあります。

掛け持ち数に応じて稼げる額が増える

サイトの複数登録することで、アンケート数が増えて稼げる額が増えます。

サイトごとにアンケート数は異なるので、稼げる額はサイトによって違いますが、1サイトよりは掛け持ちすることで確実に収入はアップします。

高額調査に当選する確率が上がる

webアンケート以外に、座談会や会場調査などの高額調査がありますが、抽選なので、なかなか当選できません。

複数サイトから応募することで、当選する確率が上がるので、掛け持ちのメリットと言えます。

私も掛け持ちすることで、CM調査や商品モニターなどの抽選で選ばれ、収入が上がりました!(^^)!

時間の使い方が上手くなる

収入UPとは関係ありませんが、複数サイトの掛け持ちで稼ぐとなると、1サイトより時間が必要になります。

いくつ掛け持ちするかによって、必要な作業時間は異なりますが、時間の使い方が上手くなり、アンケートで稼げるようになるだけでなく、自分の時間も作りやすくなったり、別の副業に充てる時間を作れたりするメリットもあります。

スポンサーリンク

アンケートモニターを掛け持ちにするデメリット

アンケートモニターを掛け持ちすると、より稼げるので、メリットしかないと思われがちですが、デメリットもあります。

パスワードの管理が大変

掛け持ちすると、ログインパスワードが増えるので、管理が大変になります。

改善策としては、

・Googleのパスワード管理機能を使う
・メモを控えておく
・全サイト同じパスワードにする

があります。

万が一、パスワードを忘れてしまっても、再発行できるので、安心してください。

時間に追われる

複数サイトを掛け持ちすると、1サイトに比べると、当然作業時間が増えます。

掛け持ちしたいと思っている方の中には、あまりアンケート回答に時間をかけたくない、という声もあるかと思います。

ですが、掛け持ち数にもよりますが、アンケートモニターはスキマ時間で出来る副業で、一日数十分~でも出来るので、よっぽど時間をかけたくない方以外はやる方が良いでしょう。

【作業時間別】アンケートモニターの掛け持ち数

アンケートモニターはいくつ掛け持ちすれば良いか、について実際に掛け持ちで稼いでいる私が解説します。

適切な掛け持ち数を決めるポイントは、

アンケート回答に割ける時間

で決まります。

理由は、一日に割ける回答時間が短いと、掛け持ちする意味がありませんし、回答時間が長いほど、掛け持ちすればするほど稼げるからです。

アンケート回答時間が10分=1サイト

10分しか割ける時間がない場合、掛け持ちの意味はありません。

アンケート数が多いサイトですと、1日に数十問送られてくるので、それだけで手一杯でしょう。

アンケート回答時間が30分=1~2サイト

30分でも、1サイト全部回答できるか微妙ですが、2サイト目も少しならこなせるでしょう。

2サイト掛け持ちするなら、テキパキこなしましょう。

アンケート回答時間が1時間=2~4サイト

1時間も取れると、掛け持ちの効果が表れてきます。

アンケート数が多いサイトでも、テキパキこなせば30分以内で終わるので、2~4サイト掛け持ちしても問題なくこなせるでしょう。

アンケート回答時間が1時間以上=4サイト以上

アンケート回答に割ける時間が1時間以上ある場合は、4サイト以上掛け持ちしてみましょう。

1時間作業すれば、1,000円分のポイントを稼ぐことも可能です。

是非、時給千円を目指してみてください!

【2022年】掛け持ちにおすすめアンケートモニター

それでは、私も使っている、2022年版掛け持ちにおすすめアンケートモニターを紹介していきます。

おすすめアンケートモニターの順位付けは

・アンケート数の多さ
・運営歴が長く、安全かどうか
・私が使用していて、稼ぎやすいかどうか
を元に順位付けをしました。
マクロミル

・マクロミルは、業界最大手のアンケートサイトで会員数130万人と多く、安心して利用できる。
・万全のセキュリティ体制で情報漏洩の心配ナシ。
・トップクラスのアンケート配信数で稼ぎやすいのがポイント。
・1ポイント=1円で振込手数料ゼロ。
・現金にも交換でき、ポイント交換先が豊富。
・今なら、新規登録キャンペーンで最大1,000ポイントが当たるチャンス。(ハズレなし)

リサーチパネル

・マクロミルと並ぶ、国内最大手のアンケートサイト。
・「スーパーJチャンネル」や「月曜から夜ふかし」「日経産業新聞」など、メディア掲載多数。
・会員数は170万人と多く、万全のセキュリティ体制で安心して利用できる。
・アンケート配信量が多く、稼ぎやすい。
・1ポイント=10円、現金にも交換でき、ポイント交換先が豊富。

infoQ

・インターネットリサーチ大手の(株)GMOリサーチが運営されており、セキュリティは万全。
・会員数約75万人で多くの人に利用。
・マクロミルやリサーチパネルに匹敵するアンケート配信量で稼ぎやすい。
・1ポイント=1円で、100ポイントから交換可能。
・「アプリdeたま~る」アプリで、さらにポイント獲得数UP。

Ipsos iSay

・海外のアンケートサイトで、市場調査世界第3位の(株)イプソスが運営。
・会員数も約300万人とトップクラス。
・日本でもプライバシーマーク取得済で、安心して利用できる。
・一日の配信量は1,2件と少ないが、他の日系アンケートサイトと比べ、ポイントが高めなので、効率的に稼げる。
・メインの他のアンケートサイトに、サブとして掛け持ちするのがおすすめ。

キューモニター

・マーケティングリサーチ最大手の(株)インテージが運営。
・会員数は150万人、情報漏洩の心配ナシで安心して利用できる。
・1ポイント=1円で、Amzonギフト券なら、50円から換金可能。
・アンケート配信量は一日2~5件と少なめなので、メインのアンケートサイトと別に、サブとして掛け持ち利用するのがおすすめ。

5つの掛け持ちにおすすめのサイトをサイトをランキング形式で紹介しました。

アンケートにあまり時間が取れない方は、

マクロミルやリサーチパネル+IpsosiSayまたはキューモニター

アンケートに時間が取れる方は、

マクロミル+リサーチパネル

など、作業時間別に掛け持ちすると、効率的に稼げます。

 

 

アンケートモニターで得た収入は確定申告必要?

アンケートモニターは確定申告時、「雑所得」として、申告する場合があります。

副業でアンケートモニターをやる場合、1年を通して、20万円を超えると確定申告をしなければいけません。

アンケートモニターを掛け持ちでやると、年間20万円を超える可能性があるので、確定申告が面倒だなあ、と思う方は、ペースを落としてやりましょう。

まとめ

今回は、

・アンケートモニターは掛け持ちで収入UP!
・アンケートモニターを掛け持ちにするメリット
・アンケートモニターを掛け持ちにするデメリット
・【2022年版】掛け持ちにおすすめアンケートモニター
・アンケートモニターで得た収入は確定申告必要?

について解説してきました。

アンケートモニターは、副業初心者でも自宅にいながらスキマ時間で稼げる、数少ない副業です。

ぜひ、アンケートモニターを掛け持ちしてスキマ時間でサクッと稼いでみてください!(^^)!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました